施術方針

当院は腰痛、膝痛を中心とした「痛み」に対して施術をする整骨院です。痛みは痛みが出ている所だけを施術してもなかなか治らないケースが多々あります。「なぜ痛くなってしまったのか?」という根本を探るため、問診、視診、触診、検査をしっかり行い、身体の全体像を把握します。その上で患者様にわかりやすく説明し、ご納得の上で施術に臨みます。
そして辛い痛みをできるだけ早期に回復し患者様に笑顔を取り戻すことを目指します。

どんな患者さんが多く来院しているの?

当院は腰痛・膝痛の患者さんが90%以上を占めます。腰痛は老若男女誰にでも起こりうる症状です。しかも原因は様々です。ギックリ腰、ヘルニア、脊髄分離症、すべり症、腰部脊柱管狭窄症など、急性、慢性を問わず、またそれに伴う座骨神経痛、しびれ等の患者様が来院されています。
また膝痛は変形性膝関節症の患者さんが多く、正座ができない、しゃがめない、階段の上り下りがつらいなど日常生活に支障をきたしている年配の方が多く来院されています。

どんな施術をするの?

当院では主に7つの施術法の中から一人ひとりに合うものを組み合わせて行う、いわゆるオーダーメイドでの施術を行っております。
レインボー療法、JRC(関節可動回復矯正法)、オーダーメイドインソールの作成の3つをメインに超音波、ストレッチ、アイシング、ホットパックを組み合わせて施術を行っております。

レインボー療法
氣の流れを正して自然治癒力を高める施術です。
JRC関節可動回復矯正
バキボキしない骨盤・背骨矯正法です。
オーダーメイドインソール
足を変えること。それが腰痛・膝痛改善の近道となります。
超音波治療
身体の深部に温熱で微細な刺激を送る治療です。
ストレッチ療法
筋肉の張りを取り除き、細胞を活性化させます。
筋肉調整
身体の左右のバランスを整える施術です。
アイシング療法
冷却して急性の痛み、腫張を緩和します。
ホットパック療法
温熱で精神的な緊張を緩和します。

腰痛の施術

腰が痛いと一言で言っても、腰痛の種類には色々あり、その症状も様々です。これからあげる腰痛の種類は代表的なものです。何か1つでも思い当たれば施術可能です。

1. ギックリ腰
当院で一番多い症状です。軽微な動きでも起こりうるもので、"魔女の一撃"と言われるくらい強烈な痛みを伴います。
  • 床に置いてある物を取ろうとして痛みが走った。
  • くしゃみをしたら痛みが走った。
  • 痛みで前かがみでしか歩けない。
  • 痛みのため動けない。
  • 靴を履くのに痛くて履けない。
  • 以前にも同じように痛くなり、年々頻度が高くなっている。
  • 腰から下が抜けたような感じがある。
  • ・健康保険適用可
  • ・アイシング療法、JRC、レインボー療法にて施術
  • ・症状によってストレッチ療法
2. 腰椎椎間板ヘルニア
病名としては一番多く聞くタイプです。ただしレントゲンだけでヘルニアと診断され、患者さん自身がヘルニアと思い込んでいるケースが多々あるようです。当院ではMRIの撮影できる医療機関へ精密検査を依頼するケースが多いです。
  • とにかく腰が痛くて苦痛。
  • 腰から足にかけてしびれが出る。
  • 痛み止めをいつも服用している。
  • 痛くて起きれない。
  • レントゲンのみでヘルニアと診断された。
  • MRI、CTなどでヘルニアと診断されたが、痛み止めと湿布のみで積極的な治療をしていない。
  • ・健康保険適用外
  • ・外傷性の理由(重い物を持ち上げるなど)では健康保険適用可
  • ・レインボー療法、JRCにて施術
3. 腰部脊柱管狭窄症
高齢者の方で多いタイプです。MRI、CTなどの検査を経て来院されることが多いです。
  • 長時間歩いていると腰痛が出て、休みを入れないと歩けない。
  • 座っていると腰部が痛くなる。
  • 腰からお尻またはふくらはぎ、すねなど痛みやしびれを感じる。
  • 長時間歩くのはだめだが自転車は楽。
  • 起床時や1日の終わりに腰や足に痛みが出る。
  • 台所に長時間立っていると腰部に痛みが出る。
  • ・健康保険適用外
  • ・レインボー療法にて施術
4. 座骨神経痛
当院でギックリ腰に次いで多い症状です。重い症状の方は歩けずに車いすで来院される方もいらっしゃいます。
  • お尻からふくらはぎ、すねにかけてしびれや痛みが出る。
  • 足を引きずってしまうくらい痛い。
  • 歩けないくらい痛みがある。
  • 痛みまたはしびれのある足が冷たく感じる。
  • 座っていると痛みまたはしびれが出てくる。
  • 起床時に痛みまたはしびれが強く感じる。
  • お風呂や温めていると楽になる。
  • 痛みやしびれの場所が移動する。
  • ・健康保険適用外
  • ・JRC、レインボー療法、ホットパック療法、筋肉調整にて施術
  • ・症状によってストレッチ療法
5. 慢性腰痛
日常生活や仕事での不良姿勢によるもの。また筋力不足によっても起こります。早期に処置をしないとギックリ腰やヘルニアなどに移行してしまう可能性もあるため、注意しなければいけない腰痛です。
  • 立ちっぱなしで痛みが出てくる。
  • 長時間座っていると痛みが出てくる。
  • 朝起きるのが辛い。
  • コルセットが手放せない。
  • 子どもを抱いていると痛くなってくる。
  • ・健康保険適用外
  • ・JRC、レインボー療法、ホットパック療法、筋肉調整、ストレッチにて施術

レインボー療法

レインボー療法とは?

レインボー療法とは「色の力を利用したレンボーテープ」と「形状と鉱物の力を利用したレインボーパワー」と呼ばれる健康器具を、経穴(ツボ)や症状の部位にアプローチすることによって経路の流れを正し、自然治癒力を引き出すことにより痛みを症状を取り除く治療法です。
中国古来の自然哲学、陰陽五行説によると人間には五臓六腑を司る流れがあり、そこを流れる氣が滞ると痛みや症状が現れると言われています。つまりどんな病にも氣の流れが関係しているのです。レインボー療法は東洋医学と西洋医学、そして現代科学の合体により生み出された伝統的でまた新しい治療法なのです。
また非侵襲性(身体を傷つけない)で体に優しく、電気や薬も使いませんので、他の療法と併用して施術することもできる理想的な療法と言えます。

氣の流れを整えることで健康に!

人間の体の内部には氣の流れがあり、氣の流れが悪くなると身体に様々な以上が現れたり、内臓が病んだりします。この理論は西洋医学ではありませんので、科学的な証明はされていませんがアメリカ・西欧では代替医療としてこの理論を使った治療が多く取り入れられています。
つまり氣が何か?は解らなくても存在すること、効果があることはアメリカ・西欧でも確信されているのです。ではレインボー療法をやっているかというと、まだごく一部の医療関係者が使用している程度です。これはレインボー療法が日本で生まれた治療方法であり、十数年ほど前に生まれた新しい治療方法であるため、まだ海外には知られていないからです。ですから知られざる最新の治療方法とも言えます。そして東洋医学の権威である中国の先生も日本で勉強し研究しています。鍼灸の元中国の専門医が認めている治療方法なのです。
日本の医学会でも最近は徐々に認められるようになり、多くの医学部の大学病院の先生たちか参加、関係している「予防医学学会」でも2006年に「レインボー療法」が発表されています。

〜適応症例〜
  • ・顎関節の不調 ・頸部の不調 ・肩の不調(四十肩、五十肩など) ・肘の不調(野球肘、テニスエルボーなど)
  • ・手首、指の不調(手根幹症候群、バネ指など) ・腰の不調(慢性腰痛、急性腰痛ヘルニア、脊柱管狭窄症、座骨神経痛など)

JRC(関節可動回復矯正法)

JRC(関節可動回復矯正法)とは?

JRCとは関節の可動を回復させる矯正という意味です。この名の通り基本的に位置的な矯正を考えるのではなく、あくまで個々の関節とその関節と連動して動く関節本来の可動、特に関節包内の動きを回復させることに主眼を置いた矯正法です。

新しい矯正法です

今までの治療法問題点を近代医学の理論を通して新たな発想から試行錯誤のうえ開発された矯正法であり、臨床研究を重ね、その効果が充分確認されたものです。特に関節が可動するときに、関節の中でのわずかな小さい動き「関節包内運動」を改善することで、とても大きな効果を上げるのです。この内包運動は関節内の骨の動きなので、多くの腰痛の原因と言われている仙腸関節という骨盤の関節などでは、ほんの2mm程度のものです。ですから動かすというより、ただ触っているだけのように感じます。例えるなら、機械がサビついて動きが悪いときに、全体のサビを考えるのではなく、動きを悪くしている原因のつなぎ目(関節)のサビを取って動きを良くしてあげると、体中の関節が次々と動き出し、自ら流れを良くしていくのです。
つまり人間自身が本来備えている治癒力を再始動させてあげるわけです。ですからJRC施術法で治しているのはつなぎ目のわずかな動きだけですが、体全体の流れや治癒力を高める手助けをしているのです。身体にやさしく安全で、しかも効果は絶大なのです。

他の矯正法との違い
〜適応症例〜
  • ・寝違い ・肩こり ・手指の痛み ・急性腰痛(ぎっくり腰) ・慢性腰痛 ・座骨神経痛 ・股関節痛 ・膝痛
  • ・足首の痛み ※その他痛みの症状に効果的です。

オーダーメイドインソール

足裏の重要性

足裏には固有受容器と呼ばれるセンサー機能が最も多く存在します。
例えば、立っている状態は、目や耳にある三半規管から入ってきた刺激と、足裏の固有受容器からの情報によって、脳が体の各筋肉に指令を出してバランスを取っている状態なのです。
固有受容器を刺激することによって筋肉の活動が増加し、動作が潤滑になり関節の安定化にもなります。
ただし、固有受容器は使わなければ、すぐに機能低下を起こす特徴もあります。足首を骨折して長期間ギプスを巻いたあと、ギプスをはずしてすぐはバランスをくずしやすいというのがいい例です。
ですので、綺麗な姿勢を保つためには、常にこの足裏の固有受容器に刺激を与えておくことが重要なのです。

足に対する外国との考え方の違い
< 欧米では >

アメリカでは足病専門のクリニックが約13,000施設もあり、足病専門医も約17,000人もいます。
ドイツでは靴にお金を払い、良い靴を選ぶ習慣があり、幼少期から足の重要性が教育される文化があります。
ですので、親が子供を連れずに靴屋に行って靴を購入することは、まずありません。
必ず子供を連れていき、子供に合った靴を購入しているのです。

< 日本の現状 >

日本は幼少期に、すぐに大きくなるからということで、安い靴を選びがちです。
またファッション性を重要視し、機能性をあまり重要視しません。
そういったことから外反母趾、内反小趾、偏平足などの足のトラブルにつながっていっています。
成長にともなって足のトラブルから腰痛、膝痛などに移行してしまう方が多いのが現状です。

インソールの重要性

当院で腰痛や膝痛を施術する上で、重要視している1つが足(足底)です。
足にはいくつもの筋肉が存在しますが、自分に合わない靴(大きすぎ、小さすぎ、狭すぎ、柔らかいなど)を履いていたりすることで、足の筋肉が使えない状態になり、足病(扁平足、外反母趾、内反小趾、巻き爪など)が発生してしまう方が大変多いです。
放置しておくと腰痛や膝痛、頚部痛や肩こりにまで発展しまう恐れがあります。
ですので、早い段階で足の不調を改善することが腰痛・膝痛の予防にも繋がっていくのです。
またご高齢の方にとっては、姿勢補正の役割がありますので、転倒予防にもなり、結果的には健康寿命延伸にもつながっています。

当院インソールの特徴
①完全オーダーメイドにて作成

靴屋さんやスポーツショップにて数多くのインソールが存在します。
しかし購入して使っては見たものの、自分の足に合わなくて逆に足が痛くなってしまった、ということをよく耳にします。
当院では、専用の足型を取るスポンジ状のものに乗っていただきます。
その足型を元に、どこに問題があるのか分析し、作成いたします。

②使えていない筋肉を使えるようにするインソール

当院のオーダーメイドインソールは、靴に入れて歩く・運動することによって足底(足の裏)の使えていない・機能していない筋肉を使えるようにすることを目的としています。
しっかり足底の筋肉が使えるようになると、疲れにくくもなり、姿勢なども良くなります。

③最終目標はインソールをはずすこと!

インソールを使用するっていうと、ずっと入れ続けなくてはいけないという印象があるかもしれません。
既成品との大きな違いはそこにあります。
インソールを使用すると、運動療法と同じ役割を果たし、本来機能しなければいけない筋肉が使えるようになります。
しっかりと機能できる筋肉ができれば、取り外して過ごしていただくことを最終目標と位置付けております。

オーダーメイドインソールを作成すると次のような効果が望めます!
  • 腰の痛み
  • O脚・X脚
  • スポーツ能力の向上
  • 膝の痛み
  • 転びやすい
  • 足が速くなりたい
  • 足の痛み
  • 足のむくみ
  • 捻挫ぐせ
  • 足の冷え性
  • 運動により疲労軽減
  • 足首の痛み
  • 夜間のこむら返り
  • 巻き爪
  • 扁平足
  • 外反母趾
…など
インソール症例
80歳 男性
症状… 右膝がO脚、左膝がX脚となっていて両膝が痛いが特に右膝の方が痛い状態。杖をつかないと日常生活が困難となり当院へ来院されました。
経過… 院にて両膝の施術をして痛みの軽減はできておりましたが維持継続が難しくオーダーメイドインソールのご提案をいたしました。
結果… 歩行が楽になり杖は一応携帯しておりますが使わなくても日常生活が送れるようになりました。現在は体重が重くならないよう食事に気を使ってらっしゃいます。
本人談… もう車椅子になるんじゃないかと覚悟をしていたけど日常生活を送れるようにって本当に良かったよ!

インソール前

インソール後

施術を受けるとどうなるの?

  • 痛みが無くなっていきます。
  • 身体が軽くなります。
  • 身体が動きやすくなります。
  • ぐっすり眠れるようになります。
  • 気持ちが楽になります。
  • そして笑顔になれます!!

※施術法によっては便通がよくなった、太らなくなった、姿勢がよくなったなどの症例が多数ございます!

どうして身体が良くなるの?

よく患者様から「治りますか?」と聞かれます。私は「治るための手助けをします」と答えています。当院で行っている施術は痛み止めのような薬のように、強制的に痛みを止めるわけではありません。人間は本来、自分で治す力を持っています。

当院で行われている施術にJRC(関節可動回復矯正法)とレインボー療法がございます。JRC(関節可動回復矯正法)は動きの悪くなってしまった関節を関節の機能異常とみなしその1つ1つの動きを回復させ機能を正常化させるものです。

一方レインボー療法は臓腑の肩代わりとして五臓六腑の氣の滞りにより起きている不調を改善させるものです。この二つの施術により身体の外側(JRC)と内側(レインボー療法)からアプローチし人間の本来持っている自然治癒力を高めて身体の不調からの改善に導いているのです。

予約の流れ

当院は予約制となっておりますので、初めての方はまずお電話ください。

まずは、お気軽に当院までご連絡ください。尚、悪質な電話でのセールスが多いため、お電話番号が非通知ではかかりませんのでご了承下さい。

ご希望の日時をお伝えください。予約の空き状況をお調べします。また当院の場所がわからない場合はご説明いたしますので遠慮なくお伝え下さい。

重機やダンプカーなどの交通量が多いときもございますので気をつけてご来院下さい。

最寄り駅からのご案内

西葛西方面よりお越しの方(船堀街道を船堀駅方面へ)

西葛西1

右手に行船公園

西葛西2

左手に回転寿司のスシロー

西葛西3

その先左手にセブンイレブン

西葛西4

並びにほっともっと

西葛西5

その先信号、手前左側に当院の看板があります。(自販機左側)
院長の顔が目印です。

船堀方面よりお越しの方(船堀街道を西葛西方面へ向かいます)

船堀1

船堀街道を西葛西方面に向かいます

船堀2

遊歩道終点まで進みます

船堀3

宇喜田橋を渡ります

船堀4

左手に葛西第二中学校

船堀5

左手にくるまやラーメン
隣にエネオスのガソリンスタンド

船堀6

右手にファミリーマート

船堀7

その先の信号を右折

到着

当院の看板があります。

診療時間&アクセス

医院名

おざわ整骨院・整体院

所在地

東京都江戸川区北葛西2-23-20

アクセス 船堀駅から徒歩14分
駅から船堀街道を直進、サンクスを右折してすぐ
電話番号 03-5605-9087 ※当院は予約制です
休診日 日曜・祝日
受付時間
9:30-12:30
15:30-20:00

※土曜午後は18:00まで

Copyright © 2015 Ozawa Bone Setting All rights reserved.