腰の痛み

思い当たりませんか?

  • 1年に数回ひどい腰痛になるときがある
  • 毎年同じ時期に腰痛になる
  • コルセットが手放せない
  • 朝起きて顔を洗うときに前屈みがつらい
  • 痛くて体を後ろに反らせない
  • 医療機関に通院しているが症状が改善されない
  • マッサージを受けているが翌日には症状が戻ってしまう
  • 長時間座っていると立ち上がるとき腰が痛くて伸ばせない
  • 靴下を履くのが苦労だ
  • 子供を抱っこしていると痛みが出てくる
  • 車を運転していると痛みが出てくる

何かしら当てはまりませんか?そして、上記のような症状をまぎらわすために一時的に湿布を貼る、痛み止めを飲む、腰へのマッサージを受ける…本当に改善していますか?軽減はするけど、時間が経つと元に戻ってしまうということを繰り返してはいませんか?

痛いところが原因とは限りません
腰が痛いといって、その痛いところをマッサージをして、軽減はするけれどもまた元に戻ってしまうという経験はございませんか?なぜなのでしょうか?それは痛みの原因が腰ではないからです。骨盤や背骨の1つ1つの動きが悪い。股関節、膝関節の動きが悪い。上半身、下半身の左右前後の筋肉の張りの強さの違い。原因はさまざまです。関節の動きの悪さや、筋肉の張りによって身体のバランスをくずして結果的に腰が痛くなっているのです。
原因をつきとめましょう
まずは、腰痛をおこしている原因を問診、視診、触診、検査を通しつきとめていきます。その上でどのような施術法が適切か選択し、施術を行います。それは痛みの原因が腰ではないからです。骨盤や背骨の1つ1つの動きが悪い。股関節、膝関節の動きが悪い。上半身、下半身の左右前後の筋肉の張りの強さの違い。原因はさまざまです。関節の動きの悪さや、筋肉の張りによって身体のバランスをくずして結果的に腰が痛くなっているのです。
施術後のフォロー
施術も大事ですが、症状のもどりを少なくするためには患者さまご自身が、ご自宅でできるセルフケア、また気をつけなくてはいけない姿勢もございます。当院での施術とセルフケアをすることによって効果を高めることができます。
決してあきらめずに
腰痛をお持ちの患者さんの施術期間は同じような症状だと思っても腰痛になってからの期間、仕事の環境、生活環境、年齢、性別etcによって異なります。3回ほどの施術で改善される方もいらっしゃれば少しの改善がみられたけれども3か月平行線という場合もございます。どこかにかならず原因がありますので再問診、再検査をし探りながら施術をさせていただきます。ですので決してあきらめずに一緒に今ある痛みと向き合って改善していきましょう。
腰痛症例
腰痛の症例として大きく5つに分けてみました。当院へ来院されたすべての方の症例を載せているわけではありませんが、ご自身の症状に当てはまる症例もあるかもしれません。ご参考にしてみてください。
急性腰痛(ぎっくり腰) 32歳 男性 建設業
  • 【原因】
    • 自宅にて玄関先に置いてあった水の入ったバケツを移動しようと、前かがみになった時に腰部に激痛が走り痛めた。
  • 【症状】
    • 伸展時(腰部を後ろに反る)に痛み
    • 寝返りができない
  • 【腰痛既往歴】
    • なし
検査
  • (視診・触診・整形外科学検査)
  • 歩行時痛みを避けるためか前かがみになりながらの歩行
  • 伸展時腰部下部への痛み
  • 右股関節を開くと右腰部への痛み出現
物理療法
  • 痛めた当日の来院だったため干渉波とアイシング
施術
  • レインボー療法にて腰部の経絡へのアプローチ、また伸展時の腰部可動時痛があったため胃脾系・消化器系の経絡へのアプローチ
  • 左右の大腿筋膜張筋の張りが強かったため筋肉調整
  • 腹側(お腹側)から腸腰筋への筋肉調整
  • 右腹斜筋の筋肉調整

【施術日数】-日【回数】5回

院長memo

過去に腰痛の経験が無かったので、比較的日数はかからず治癒となりました。日数的には1週間です。
少し気になったのは、右側のお腹部分(腹斜筋)が固くなっていました。
これは建設業の方で、右の肩で物を担いでいるからだと思われます。そこは筋肉調整をして再発予防としました。

急性腰痛(ぎっくり腰) 38歳 女性 主婦
  • 【原因】
    • 自宅にて棚の移動しようと力を入れたときに腰部に痛みが走り、その後子供を抱っこした時にさらに痛くなり来院
  • 【症状】
    • 腰部を後ろに反らす(伸展時)と痛い
    • 腰部を左側方に倒す(左側屈)と右腰に痛み
    • 腰部を左に回旋する(左回旋)と左腰に痛み
  • 【腰痛既往歴】
    • なし
検査
  • 右股関節のテストにて可動域が狭い
  • 右肩が下がっている(右横っ腹の筋肉に張り→右腹斜筋に張り)
  • 見かけ上の下肢長差(右足が5ミリほど短い→恥骨のズレ)
物理療法
  • 来院日の前日に負傷のため干渉波とアイシング
  • 3日後(3回目の施術)よりアイシングを中止し温熱に切り替え
施術
  • レインボー療法にて腰部の経絡へのアプローチ、伸展時の痛みが一番強いため胃脾系・消化器系の経絡へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節へのアプローチと下肢長差を戻すため恥骨へのアプローチ
  • 腹側(お腹側)から腸腰筋への筋肉調整

【施術日数】6日【回数】4回

院長memo

日常生活は送れるぐらいの腰痛でしたが、反ると痛みが強い状態でした。
幼いお子さんもいらっしゃるので、なるべく早めに治したいということでの来院でした。
1回目の施術で80%ぐらいの痛みが回復し、4回目の施術で治癒となりました。
幼稚園に通うお子さんも一緒に来院されていたのですが、キッズスペースでおとなしく遊んでくれたので、ママは安心して施術を受けられたようです。

急性腰痛(ぎっくり腰) 35歳 男性 事務職
  • 【原因】
    • 朝自宅で顔を洗おうと体を前屈した時にいきなり腰部に激痛が走りそのまま動けなくなった。
  • 【症状】
    • 歩いて来院されたが足だけが動いていて上半身の動きは全くできない
    • 腰部を動かそうとするとどの方向でも激痛が走る
  • 【腰痛既往歴】
    • 腰痛になったことはあるがこんなにひどいのは初めて
検査
  • 痛みが強すぎて検査はなし
物理療法
  • 痛めた当日だったため干渉波と長めのアイシング
    (熱感を取り除く目的もありますが、長めにすることにより感覚を無くし、麻酔効果も期待)
施術
  • (初期)
  • レインボー療法により腰部・急性腰痛へ効く経絡へアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節へアプローチ
  • 腸腰筋と内転筋に張りが認められたため筋肉調整
  • 痛みが強いためキネシオテープにてテーピングとサラシにて固定
  • (6日後に再発)
  • 少しずつ痛みも無くなり温熱へ移行しようとしたが再発し再びアイシングし施術も初期に戻す
  • (10日後)
  • やっと落ち着いてきたため検査をすると整形外科学検査でヘルニアの可能性と左股関節の可動性が悪いことが判明
  • レインボー療法にてヘルニアと左股関節へのアプローチ

【施術日数】29日【回数】17回

院長memo

かなり痛みの強いタイプの急性腰痛(ぎっくり腰)でした。
施術は続けて来院していただいたのですが、初診の次の日から仕事に出勤され、それが再発の原因になったと思われます。
今回の症状になる前から、足の重さやだるさ背中の張りなどがあったということなので、なるべくしてなってしまったのかもしれません。
なので再発予防として、肩甲骨の可動域を広げるのと、頚椎・胸椎の動きも回復させ、患者さんには下肢のストレッチ指導をいたしました。

急性腰痛(ぎっくり腰) 36歳 女性 主婦
  • 【原因】
    • 左手で携帯を持ちながら右手で寝ている子供を抱き上げたときに腰部に負荷がかかり痛めた
  • 【症状】
    • 前かがみになると腰の右側に痛みが走る
  • 【腰痛既往歴】
    • 出産してから腰痛が出始めた
検査
  • 腰部を前かがみ(屈曲時)にすると痛い
  • 腰部を右に倒す(右側屈)と右側に痛み
  • 右股関節のテストにて可動域が狭い
物理療法
  • 来院日の前日に負傷のため干渉波とアイシング
  • 2回目より温熱
施術
  • レインボー療法にて腰部と右股関節の経絡へアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節へのアプローチ

【施術日数】19日【回数】5回

院長memo

ご出産されてから腰痛があり今回はちょっとした動作で急性腰痛(ぎっくり腰)になられたようです。
ご出産後の腰痛はいわゆるテレビなどでも良く言われる骨盤のズレで仙腸関節といわれる部分が機能異常を起こしているケースが多いです。
この仙腸関節に動きをつけてあげると早い人では1回目で改善が認められます。今回のケースでも2回目に来院されたときには90%ぐらい良くなられていました。

急性腰痛(ぎっくり腰) 36歳 女性 主婦
  • 【原因】
    • 自宅でゴミをまとめようと前かがみになった時に腰部に痛みが走り痛めた
  • 【症状】
    • 座っているとつらくなる
    • 腰部の前かがみも後ろに反らすのも痛みが走る
  • 【腰痛既往歴】
    • 2,3か月前から前かがみから戻る時に弱い痛みが腰にあった
検査
  • 可動域テストにて前屈(前かがみ)・後屈(後ろに反らす)ともに痛みあり
  • 股関節テストでは左股関節の可動域が狭い
  • 見かけ上の下肢長差(左右の足の長さの違い)あり
物理療法
  • 来院日の前日に負傷のため干渉波とアイシング
  • 2回目より温熱
施術
  • レインボー療法にて腰部へのアプローチと屈曲時の腰部可動時痛があったため腎・膀胱系の経絡へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節と左股関節へアプローチ

【施術日数】7日【回数】3回

院長memo

1回目の施術後3日後に再来院されたのですが痛みはほぼほぼ改善されていました。
可動域の改善が完全ではなかったのでJRC(関節可動回復矯正法)を中心に2回目と3回目は施術し治癒となりました。

腰椎椎間板ヘルニア 67歳 女性 パート勤務
  • 【原因】
    • 腰痛は以前からあったがパートで野菜の入った段ボール箱をいくつも運んでいるうちに悪化
  • 【症状】
    • 朝起きて腰をまっすぐに伸ばすことができない
    • 買い物をして重たいものを持ったりすると痛くてしばらく動くことができない
    • 歩行してても腰にひびく感じ
    • 市販の痛み止めを飲まないと仕事はできない
    • 整形外科にて痛み止めの注射を打つも3日間ほどで元にもどってしまう
  • 【腰痛既往歴】
    • 当院へ急性腰痛(ぎっくり腰)にて来院歴あり
検査
  • 腰椎の前弯が強い
  • 腰部可動域テストにて屈曲(前かがみ)、伸展(反る)ともに可動域制限があり痛みをともなう
  • 股関節可動域テストにて右股関節の可動域制限あり
施術
  • レインボー療法にて腰部への経絡へのアプローチとヘルニアへのアプローチ
    右股関節の可動域制限もあるためアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節、腰椎、胸椎へアプローチし脊柱自体の動きの改善
  • 左右腸腰筋を筋肉調整。
経過
  • 1回目~3回目まではあまり変化なし
  • 4回目にて屈曲、伸展時の腰部の可動域に改善が見られる
  • 10回目にて痛みもほぼ消失、腰部可動域も正常化する
  • 月2回のペースで通院

【施術日数】40日【回数】10回

院長memo

ほんとに来院されたときはつらそうでした。
痛み止めは効かない、整形外科での注射は3日間ほどしかもたないということでしたので週2回4週に渡って施術いたしました。
いまでは日常生活を送るのに不便を感じないくらいに改善されました。
ただパートはあのつらい思いはもう二度したくないということでお辞めになったそうです。
現在は1か月に一回のペースで通院されています。

腰椎椎間板ヘルニア 59歳 男性 会社員(産業廃棄物処理業)
  • 【原因】
    • 仕事で重い荷物を運ぶことが多く腰痛がたびたびあったが医療機関へは行かず結果無理がたたり悪化
  • 【症状】
    • どの方向へ腰を動かしてもとにかく痛い
    • コルセットは外せない状態
    • 座った状態で靴下が履けない(膝を曲げてまっすぐ足が上がってこない)
    • 前かがみになると腰の下(骨盤の真ん中周辺)に電気が走ったような痛みが走る
    • 腰をかばって作業をされてたせいか左肩に痛み
  • 【腰痛既往歴】
    • 20歳のころから腰痛はが出始めた
    • 前職(50歳まで)でも重たいものを持つ作業が多かった
    • ぎっくり腰も繰り返しおこしておりその度に鍼灸院に通院していた
検査
  • 最寄り整形外科にて
  • L4/5の間が狭く腰椎椎間板ヘルニアの診断(レントゲンのみ)
  • 当院にて
  • 腰部の可動域テストにて屈曲(前かがみ)より伸展(反らす)のほうが可動域制限が大きい。
  • 左側屈(左に倒す)と左腰に痛み、右回旋(右に回す)と右腰に痛み
  • 股関節の可動域テストにて左股関節の可動域制限があり
  • 骨盤の左右の高さに差異があるため右の足が若干短い(見かけ上の短下肢)
  • 左肩を前方から上げていくと左肩後方に痛みが走る
施術
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節、肋椎、腰椎、胸椎へアプローチ
  • レインボー療法にて腰部の経絡へのアプローチそしてヘルニアへのアプローチ
  • オーダーメイドインソールの作成(初診時より1か月後から使用)
経過
  • 1週間に2回のペースにて通院していただく
  • 4回目、伸展時の痛みが楽になる。屈曲時はまだ強い痛みが残存
  • 10回目、屈曲時の痛みも楽になってきたが指の先が床から20cmぐらいまで曲げると依然痛みが走る
  • 初診時より1か月後、少し痛みはあるがコルセットをして仕事へ復帰
  • 12回目、座った状態で膝をまっすぐ曲げて靴下が履けるようになる
  • 14回目、コルセットをして仕事はできる状態。かばってるせいか頚部から肩周り、背部にかけて張り感が強い(H28 11.12現在)

【施術日数】45日【回数】14回

院長memo

腰の状態が良くなるまで仕事も休むということで強い決意をされて来院いただきました。
改善の兆しが現れるまで時間が多少かかりました。
伸展時の痛みは早めに改善されたのですが屈曲での痛みはなかなか改善されませんでした。

ヘルニアの診断が下っていても症状は人それぞれですので一概には言えませんが少しずつ今まで出来なかったことが出来るようになってきて改善されていると実感できるようです。
(靴下が履ける。靴を履くとき痛くない。ズボンを履くとき片足で立てるなど)

徐々に改善されていくものはなかなか良くなっていってるという自覚がもてなケースが多いです。
ですので「以前はこれができませんでしたよね?」とか初診時の写真をお見せして自覚をもってもらうケースが多いです。
自覚ができるとご自身の自信につながりますので。

またヘルニアのケースだけではないのですが腰痛をお持ちのかたで多いのが歩行の仕方の悪さです。
いわゆる踵歩きをしているため腰に振動が伝わりより腰痛が悪化しているように思います。
そういった方にはオーダーメイドインソールをおすすめしております。

坐骨神経痛 31歳 女性 主婦
  • 【症状】
    • 1か月半ほど前に右下腿部外側が痛み始める
    • 1か月前に右臀部(お尻)と下腿(ふくらはぎ)外側に強烈な痛み
    • 歩行も右足を引きずった状態(跛行)
    • 立っていることがつらい状態で日常生活もままならない
    • 仰向けで寝ている以外は痛みが伴う状態
    • 一月前にいくつか整形外科を受診するも症状は変わらず
  • 【腰痛既往歴】
    • 5年前にぎっくり腰になり整骨院に通院
    • 5年前のぎっくり腰以降何度かぎっくり腰に
検査
  • 腰部可動域検査にて前屈(前かがみ)・後屈(後ろに反らす)ともに痛みあり
  • 股関節可動域検査では痛みが気になって動かせない状態
施術
  • レインボー療法にて腰部、右坐骨神経の経絡へのアプローチ
    腎・膀胱系へのアプローチと痛みとともにしびれ感もあったため肝臓・胆のう系へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節へアプローチ
経過
  • 1週間に1回の施術にて対応。
  • 1回目の施術後好転反応により一時的に痛みの感覚が強くなる
  • 2回目から3回目での施術では痛みの感覚はあまり変わらず。
    初診時出来なかった股関節の可動域検査が3回目でできるようになる。
  • 4回目が終わった2日後に痛み・可動域共に正常に戻り普通の日常生活が送れるようになる。

【施術日数】23日【回数】5回

院長memo

坐骨神経痛の患者さんの中でも症状が重い方でした。
初診で来院されたときも足を引きづって本当に辛そうでしたし何とかしてほしいという気持ちがひしひしと伝わってきました。
施術回数が5回という短い回数で改善できた理由として坐骨神経痛を患ってからそれほど時間の経過が経ってないこと(1年以上という方もいらっしゃいます)と普段からダンスをされてる方なので身体の反応が早いということ。それと年齢も若いというのも一つの要因と考えられます。ご高齢の方となると時間的に長くなる方が多いので。
現在は全く痛みも無く日常生活を送っているということを聞いたので安心しております。

坐骨神経痛 49歳 男性 建設業
  • 【症状】
    • 腰痛とともに左臀部にジーンとくる痛みあり
    • 重機などに乗っていると左臀部の奥のところに痛みがきて座っていられなくなる
    • 就寝中も左を下にして寝ているとジーンとした痛みが走る
  • 【腰痛既往歴】
    • 常日頃から腰痛はある
    • 体重が増加したため腰痛の頻度は高くなっている
検査
  • 腰部可動域検査にて前屈・後屈・左右側屈(左右それぞれ身体を側方に倒す)にて腰部に痛み出現
  • 股関節可動域検査にて左右の可動域が狭い。痛みは出現せず
施術
  • レインボー療法にて腰部と左坐骨神経の経絡へのアプローチ。腎臓・膀胱系の経絡へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節へアプローチ
経過
  • 1回目の施術を終えて左臀部は軽くなった感覚になる
  • 2回目は2日後でその間の腰痛と左臀部の痛みは消失していた
  • 3回目は10日後に来院
    少し痛みが戻り左臀部の痛みは消失したが左下腿部へ痛みが出現
  • 4回目、5回目と1週間の間に施術を受け痛みは感じなくなり股関節の可動域も正常化しました

【施術日数】16日【回数】5回

院長memo

現場仕事が多いため寒さなどの冷えから来るものと体重増加もあり相当腰部への負担がかかったものと思われます。
思っていたよりも症状の改善が早かったように思われます。
理想的には痛みは引きましたが予防と考えるともう少し通院されたほうが良かったかもしれないです。
今後は冷えに対する対策と体重が増加しないよう気をつけてほしいですね。

坐骨神経痛 78歳 男性
  • 【症状】
    • 当院にはぎっくり腰などの急性腰痛で何度か過去に来院履歴あり
    • 右足(臀部から下腿部)に強い痛みを感じ近隣の整形外科を受診
    • 整形外科にてレントゲン・MRIを撮ったが特に異常所見なし
    • 整形外科に通いブロック注射を打つも改善見られず
    • 自宅から当院へは痛みのため歩行して来ることができず車いすで奥様に押されて来院
    • 右足を引きずるようにしか歩行できず施術用ベッドには右足を下にしては寝られず側臥位にて施術
  • 【腰痛既往歴】
    • 当院へ何度かぎっくり腰(急性腰痛)で来院歴あり
検査
  • 痛みが強く検査のために身体を動かすのが無理なため症状を坐骨神経痛と仮定
施術
  • レインボー療法にて腰部・右坐骨神経痛の経絡へアプローチ
  • 寝返りをうつこともままならない為痛い右側を上にして施術
    そのためJRC(関節可動回復矯正法)はやらずレインボー療法のみで対応
    のちに痛みが改善された時点でJRCを追加
経過
  • 1週間に3回のペースで来院
  • なかなか改善の兆しが見られなかったが3週間後に寝返りはできるようになったためJRCを追加
  • それと同時に自宅より痛みはありつつも歩行して来院が可能に
  • その状態で一進一退を繰り返すも6週間後には下腿部の痛みは消失。
    右臀部の痛みは残存
  • か月半後ほぼ痛みは消失し日常生活が問題なく過ごせるようになり治癒

【施術日数】2ヶ月半【回数】31回

院長memo

若い方に比べるとご高齢の方は改善されるまでに時間がかかってしまうことが多いです。
この方は最初に整形外科を受診されて、ブロック注射を打ち、症状が改善されなかったため当院へ来院されましたが、当院を先に来院されていて、なかなか症状が改善されなかったら、もしかすると整形外科へ転医していたかもしれません。
辛抱強く私の話に耳を傾け、信用していただいての結果だったと思っています。
ただあまりにも痛みの感覚に変化が見られない場合には私の方から整形外科へ精査依頼をする場合もございます。

坐骨神経痛 47歳 男性 会社経営
  • 【症状】
    • 右股関節周囲(鼠径部、大腿外側部、臀部)から足関節、とくに踵に痛みが著明
    • 右足をつくと痛みが走り右股関節周囲まで響く感じ
    • ゴルフ練習場へ毎日行っていたが痛くて行くことができない
    • 整形外科にてレントゲンを撮るも異常は何もなし
  • 【腰痛既往歴】
    • 特になし
検査
  • 右足がくるぶし半分ほど短い(右短下肢)
  • 股関節可動域テスト ストレステスト 右(+) パトリックテスト 左(+)
  • 右足関節内旋位 (捻挫歴あり)
  • 左足底アーチ減少
施術
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節のみアプローチ
  • レインボー療法にて腰部と右坐骨神経痛、右踵(足底)へのアプローチ
経過
  • 1回目の施術(午前中)を終え夕方には劇的に良くなったとのこと
  • 2回目ではほぼ踵のみ痛みがある状態
  • 3回目を終えてゴルフが出来そうなのでコースに出てみるとのこと
  • 4回目では全く痛みがないわけではないがゴルフもいつも通りできたとのこと
  • 5, 6回目では踵の痛みはほぼ感じられないということで施術終了

【施術日数】25日【回数】6回

院長memo

ゴルフ練習は毎日で週2日コースに出るという方なので右足の痛み、特に踵が痛くてゴルフにならないということでの来院でしたが、1回目の施術で結果が出て、ほんとに順調に改善された症例でした。
もともと若いころから体を鍛えていたり普段から運動されたりしてるかたはやっぱり反応が早い傾向にあります。
ご本人がもう大丈夫、ということで施術を終わりにしましたが、予防を含めてもう少し通院されると、再発予防につながるかと思われます。

坐骨神経痛 46歳 男性 自営業者
  • 【症状】
    • 半年前より左足にしびれ感が出始め日を追うごとに強くなり3か月前から痛みが伴うようになる
    • 電車で立っていると左のお尻から足の指の方までしびれる感じ
    • 2か月前に整形外科に受診。電気と飲み薬のみで症状の改善がみられない
    • 1か月前より歩行中、左の踵が地面につくとお尻まで響くような痛さが伝わってくるようになった
  • 【腰痛既往歴】
    • 趣味がゴルフでコースに出たり練習場で打った後などに腰が痛いと感じることが多かった
    • 起床して顔を洗おうと前かがみになると腰の痛みが伴うことが多かった
検査
  • 左右の足の長さを比べるとくるぶし半分くらい右足の方が長い(実際の長さは同じ→骨盤のゆがみのため)
  • 股関節の可動域検査では左股関節の動きが悪く動かすと臀部に痛みを伴う
施術
  • レインボー療法にて腰部と左坐骨神経の経絡へのアプローチ
  • 腹側(お腹側)から腸腰筋へレインボー療法にてアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節と猫背気味のため腰椎・胸椎・肋椎へのアプローチ
経過
  • 1回目、2回目はあまり変化が出なかったが3回目の施術で足が軽くなり痛みが少なくなった
  • 5回目の施術で痛みは消失。しびれがまだ残っているが電車などで立っていてもかなり楽に
  • 7回目の施術でしびれが消失したため現在は月1回のペースで当院にてメンテナンスを受けている

【施術日数】40日【回数】7回(痛み・しびれが消失まで)

院長memo

仕事が力を使う仕事でしたので、足が気になって仕事に支障がでている状態でしたが、仕事をしてても気にならなくなったと言っていただけたので、本当に良かったです。
仕事場の環境が底冷えするような環境のため、冷えからも坐骨神経痛には影響を与えていたようです。
基本的には冷えの無いよう、防寒対策を取っていただいたほうがいいとお伝えしました。

坐骨神経痛 59歳 女性 パート(保育園での補助)
  • 【症状】
    • 1か月くらい前から左のお尻あたりからふくらはぎの方まで痛いなぁと思っていた
    • 2日前町会の盆踊りの手伝いで立ちっぱなしになっていたら腰からお尻にかけての痛みが悪化した
    • 翌日は痛くて動けなかった
  • 【腰痛既往歴】
    • 当院には急性腰痛(ぎっくり腰)の症状で何度か来院歴あり
検査
  • 腰部を後ろに反らす動作(伸展)にて痛みあり
  • 腰部を右に倒す動作(右側屈)すると右腰に痛みあり
  • 腰部を左に倒す動作(左側屈)すると左腰に痛みあり
  • 腰部を左に回旋する動作(左回旋)すると左の足全体に痛みが走る
  • 股関節の可動域検査では右の股関節の動きが悪い
施術
  • レインボー療法にて腰部と左坐骨神経の経絡へアプローチとともに左下肢全体へアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節と腰椎、胸椎、肋椎へアプローチ
  • 腸腰筋、大腿筋膜張筋への筋肉調整
  • 頚部と肩甲骨の動きの改善
経過
  • 1回目にて腰部の痛みはともなうけども左のお尻周辺が軽くなった感じ
  • 2回目にて痛みも半減。
  • 3回目の施術にて9割方腰部も左のお尻も痛みが消失した感じ
  • 4回目・5回目時点では痛みは全くなし、予防のため施術

【施術日数】1ヶ月【回数】5回

院長memo

お仕事が保育園ですので相手をするのが園児で腰をかがむことが多いため普段から腰部への負担が大きかったようです。
以前も急性腰痛で来院されてますのでとうとう腰から坐骨神経痛へ影響が出てしまったと思われます。
施術ですが1回目から1週間後の2回目で痛みが半減しかなり楽になったと話されていました。
3回目までに2週間が空いたのですがもう9割がた良くなったということでしたのであと2回は予防と言いうことで施術いたしました。
やはり痛みや不調を感じてから早めに来院される改善が驚くほど早いです。
反対に数年前から我慢していたという方は改善の方も期間が長期化する恐れがありますのでお早めに!

腰部脊柱管狭窄症 71歳 男性
  • 【原因】
    • 加齢による変性と思われる
  • 【症状】
    • 50mぐらい歩くと腰部がつらくなり一休みしないと歩けない
    • 自転車は何の問題もなく乗れる
    • 足は引きづって歩いている状態。つまづきやすい
    • 左右臀部から下腿部へしびれのような症状(坐骨神経痛)
  • 【腰痛既往歴】
    • 急性腰痛(ぎっくり腰)にて当院への通院履歴あり
検査
  • 最寄駅近くの病院の整形外科を受診しMRI撮影し腰部脊柱管狭窄症の診断
  • 当院にて
  • 腰部可動域テストにて屈曲(前かがみ)、伸展(反る)ともに可動域制限あり
    痛みは伴わず
  • 股関節可動域テストにて左右股関節の可動域制限あり
  • 猫背がひどく頚部が前方に出ている状態
施術
  • レインボー療法にて腰部の経絡へアプローチ、左右坐骨神経へのアプローチ、狭窄症部へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸へのアプローチ
  • 横隔膜、腸腰筋への筋肉調整
経過
  • 週2日のペースで来院していただきました
  • 3回目、ご本は変化がないと言ってましたが歩行をみると引きずって歩いていたのが少し足を上げて歩けていました
  • 4回目、ご本人から歩ける時間が長くなったとの報告がありました
  • 6回目、50mしか歩けなかったのが300m歩けるようになったとの報告
  • 11回目、歩行距離1kmとの報告
    しかしバランスが悪くて歩行が安定しないとのこと
  • 15回目、バランスはまだ完全ではないがこれで旅行に行けるとの報告

【施術日数】53日【回数】18回

院長memo

「2か月後に、四国へ旅行の予定があるんだけど、良くなるかな?今の状態だと、他の人に迷惑かけちゃうから、考えちゃうんだよねぇ。」というのが来院されたきっかけでした。
「脊柱管狭窄症の施術法もあるのでやってみましょう。ただ普通の腰痛施術と違って少しお時間がかかるかもしれません」とお伝えしてからの施術でした。
患者さんも、旅行という目的がはっきりしていたので、がんばって通院してくれました。
結果として脊柱管狭窄症自体が治るわけではありませんが、身体の他の場所の動きを良くすることによって、症状の緩和が見込めます。
歩行距離が伸びたのも、そういった改善によるものと思われます。

腰痛(慢性腰痛) 65歳 男性
  • 【症状】
    • 毎日パソコンを長い時間操作するためずっと座っていると腰が痛くなる
    • 気がつくと姿勢が悪くなっていることに気づく
    • 腰をかばいながら生活をしていたら背中まで凝り固まっているような痛みが出てきた
  • 【腰痛既往歴】
    • 40代の頃から腰痛が出始めておりその都度整骨院に通院していた
検査
  • 長時間座っていると腰痛が出現(検査では確認できないので問診にて)
  • 股関節の可動域テストでは左右の股関節とも動きが悪くそれに伴って関節可動域(関節が動く範囲)が狭い
  • 特に右股関節が顕著に動き・可動域ともに悪い状態
  • 立位にて横から見ると重心線がくずれて猫背となっているため両肩甲骨の可動域が低下
  • 股関節の可動域検査では右の股関節の動きが悪い
施術
  • レインボー療法にて腰部と両股関節へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節、腰椎、胸椎、肋椎へアプローチ
  • 肩甲骨の可動域制限があるためモビライゼーション
経過
  • 1回目では腰部の調子も良くなってきたのですが、それよりも気になったのが血液循環が良くなったのか顔色が赤みを帯びて健康そうに見えたこと
  • 2回目では痛みも和らぎ歩きたいという気持ちになったとのこと
  • 3~4回目ではほぼ痛みも消失し座っていても気にならなくなったとのこと
  • 5回目以降は予防で来院

【施術日数】64日【回数】7回

院長memo

まず施術前に印象的だったのが顔色が良くないなというのが第一印象でした。
手足も触ってみると冷たくご本人も冷え性だと話していました。1回目の施術の途中で血液循環が良くなったのか顔色も赤みを帯びてきてご本人も温かくなってきたと話していました。
施術を受けるごとに症状が改善されご趣味である絵画鑑賞もなんの心配もなく行けると喜んでらっしゃいました。

腰痛(慢性腰痛) 15歳 男性 (中学生・剣道部所属)
  • 【症状】
    • 剣道をすると右腰に痛み出現
    • 最寄りの整骨院へ通院するも症状が改善せず
    • 最寄りの整形外科にてレントゲン撮影するも特に問題なし
  • 【腰痛既往歴】
    • 半年前より腰痛が出現
検査
  • 腰部を前屈(屈曲)すると痛みが右腰に出現するが反らす(伸展)ほうが痛い
  • 腰部を右に倒す(右側屈)、左右に回す(左右回旋)すると痛みが出現
  • 右のお腹の筋肉に張り感
  • 股関節可動域検査では右股関節の動きが悪い
  • 左右の足の長さを比べると左足の方が若干短い(真性短下肢)
施術
  • レインボー療法にて腰部の経絡へアプローチ
    伸展にて腰部痛が出現するので脾胃系消化器系へのアプローチ
    右お腹の筋肉の張り感へアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節、腰椎、胸椎へアプローチ
  • お腹側(腹側)から腸腰筋へレインボー療法にてアプローチ
経過
  • 1回目で本人も驚くほど右腰の違和感が消失
  • 2回目、数日前に剣道の試合をし右腰部の痛みが再発し来院
  • 4回目で違和感・痛みともに消失

【施術日数】20日【回数】4回

院長memo

剣道を一生懸命やっている中学生なのですが、普段身体のメンテナンスは受けておらず、セルフストレッチもマメではないようでした。
疲労がたまり、筋肉の張りも出て、結果的に右腰に症状が出たようです。
1回目の施術で、痛みが消失したため喜んでいたのですが、そんなに簡単には今ままでの蓄積は取れない、ということを説明しました。
すると4日後に試合があり、やっぱり痛みが再発、また腰をかばって、肩周りにも違和感が出ていました。
その辺をふまえ腰部、背中、肩周りの動きを良くする施術を3回目、4回目とすると、練習しても違和感が出ないようになりました。
一旦施術は終了となりますが、メンテナンスに来院するよう指導させていただきました

腰痛(慢性腰痛) 37歳 男性 会社員
  • 【症状】
    • ずっと座っていると腰が重苦しくなる
    • 朝方は動きが悪く顔を洗おうと前かがみになると痛い
    • 猫背のため頚部に負担がかかり寝違えのような痛み
  • 【腰痛既往歴】
    • 以前に急性腰痛にて当院へ来院歴あり
検査
  • 腰部可動域テストにて前屈(前かがみ)にて痛みあり
  • 股関節可動域テストにて右股関節の可動域が狭い
  • 横から視診すると重心線がくずれていてかなりの猫背になっている→頚部にも痛み
  • 背部で胸椎・腰椎移行部の筋肉の張り感が強い
  • 両肩甲骨ともに可動域が狭い
施術
  • レインボー療法にて腰部、頚部の経絡へアプローチ背部の張り感を取るためのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節、腰椎、肋椎、胸椎へのアプローチ
  • 頚部、肩甲骨の可動域の改善
経過
  • 1回目腰部よりも背部の張り感と肩甲骨の動きが悪いためそちらを改善→腰部が楽になる
  • 2回目初診時より腰部は楽になり前屈時の痛みはほぼ消失。頚部の屈曲(前に倒す)が気になる
  • 3回目、全体的に調子が良好。また海外に出張のためしばらく時間を空けるとのこと

【施術日数】18日【回数】3回

院長memo

海外出張が月1回ぐらいある方なので、飛行機に長時間乗っていると、腰部が痛くなることが多いそうです。
もともと猫背気味もあり、腰痛にともなって姿勢も悪くなり、頚部へも影響が出ていました。
施術の欄に前胸部への施術がありますが、これは猫背気味になると、肩甲骨が外側は引っ張られ結果、前胸部に張り感が出るため施術をしました。
身体は微妙なバランスで成り立っていますので、痛い、または不調なところだけ見ても、なかなか良くなりません。
痛い、または不調な場所の裏や反対側に原因が隠されていることもあるので、そこへアプローチしています。

腰痛(慢性腰痛) 38歳 女性 主婦(育児休暇中)
  • 【症状】
    • もともとパソコンを使った座り仕事なので腰痛はあった
    • 出産後育児で前かがみになることや抱っこが多いので腰痛を感じることが多くなった
    • 左右の臀部にも痛さと重みがある
    • 手の親指側に腱鞘炎の症状も出る
  • 【腰痛既往歴】
    • 以前にも腰痛で当院へ来院歴あり
検査
  • 腰部可動域テストにて屈曲(前かがみ)より伸展(反る)ほうが痛みが強い
    左右側屈(横に倒す)にてそれぞれ臀部に痛みが出る。
  • 股関節可動域テストにて右股関節の可動域に制限がある
  • 身体の横からの視診にて少し前傾姿勢のため胸腰椎移行部への張り感と頚部への張り感
  • 左右肩甲骨の可動域の減少と頚部屈曲への痛みあり
施術
  • レインボー療法にて右股関節、腰部の経絡にアプローチと伸展にて痛みが出現するため、胃・脾系消化器系へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節、腰椎、肋椎、胸椎へアプローチ
  • 左右肩甲骨と頚部の可動域が狭いためアプローチ

【施術日数】10日【回数】2回

院長memo

出産後の腰痛は非常に多いです。
ケース的に多いのが、仙腸関節の動きと、恥骨のズレによる、左右の足の長さに差が出てきてしまうタイプです。
恥骨のズレは、実際の足の長さは同じですが、ズレ生じるため、見かけ上の足の長さの違いが出てきてしまうものです。
出産後の腰痛は、比較的短期間で改善されるケースが多いです。
今回腱鞘炎をともなっておりましたが、頚部の調整をすると、手を全く施術しなくても改善されました。
これで証明されるのは、痛みや不調の根本原因は、痛み・不調を起こしている場所ではなく、他の場所に原因がある、という場合があるということです。
痛い・不調のある場所を直接施術してほしい、という患者さんの気持ちも重々わかりますが、こういったケースもありますので、ご理解ください。

腰痛(慢性腰痛) 35歳 女性 主婦(育児中)
  • 【症状】
    • ずっと座っていると左腰部下部ににぶい痛みが徐々に出てくる
    • 子供を抱っこしていると同じ場所に痛みが出る
    • 特に朝起きたときに痛みが強い
    • 抱っこにともない姿勢にも影響し肩こり、ひどくなると頭痛もあり
  • 【腰痛既往歴】
    • 10代の頃(特に中学生)にバスケットボール部に所属していて腰痛となり動けないくらい痛い時があった
検査
  • 腰部可動域テストにて伸展(反る)にて痛みが出現
    屈曲(前かがみ)では痛みは出ないが硬くて曲がらない
    右側屈(横に倒す)がしにくい
  • 股関節可動域テストにて右股関節の可動域制限がある
施術
  • レインボー療法にて腰部の経絡へのアプローチ
    伸展(反る)にて痛みが出現するので胃脾系消化器系の経絡へのアプローチ
  • JRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節、腰椎、肋椎、胸椎へのアプローチ
  • 左右肩甲骨と頚部の可動域の改善(→肩こり、頭痛のため)
経過
  • 1回目では腰部が軽くなりすっきりした感じになった
    のちに頚部から肩にかけて揉み返しのような状態になったとのこと
  • 2回目では頚部、背部、腰部ともに楽になっているがまだずっと座っていると痛みが出現する
  • 3回目ではやっぱり長時間座っていると痛みが出るが範囲が狭まったとのこと
  • 4回目を終えた時点ではほぼ痛みも座っていても楽になっているとのこと

【施術日数】24日【回数】4回

院長memo

2歳の女の子のママさんでしたが、まだ抱っこの時間も多く、もともと腰が良くないというのもあり、じわじわと症状が出始めたという感じです。
腰部の痛みをかばうため、姿勢に影響し、頚部から肩への張り感・こり感で頭痛までするといった状態でした。
当院では頭痛などの症状も施術しておりますので、お気軽にお話しください。

子育てによる腰痛が軽減し、痛みが自然回復するようになりました!
30代 主婦
患者様
【どんな症状で悩んでいましたか?】
子育てによる腰痛と長年にわたる肩こり
【他の整骨院、治療院と比べて違いはありましたか?】
・子連れで通えるのでとても助かっています。
・施術中も子どもが飽きずに楽しめるように気を配っていただけるので、リラックスして施術を受けることができます。
全然痛みがない施術でホッとしました。
【施術して症状はどう変化しましたか?】
・腰、肩とも寝る前に少々痛みを感じていても、翌朝には自然と痛みが回復するようになりました。
・肩がよく動くようになり、夜自分でもむことが減りました。
子どもを抱っこするとき辛かった腰痛が解消し、姿勢も良くなりました!
40代 主婦
患者様
喜びの声
【どんな症状で悩んでいましたか?】
子どもが小さかったので、抱っこすることが多く、腰が痛くなるようになりました。痛いときはしゃがむのも辛かったです。
【他の整骨院、治療院と比べて違いはありましたか?】
こちらでは腰が痛むとき、私の症状に合わせて「今週はもう1回来た方がいいよ」とかアドバイスしていただけたり、家でもできるストレッチを教えてもらえるのが嬉しいです。
【施術して症状はどう変化しましたか?】
施術してもらう前までは、背中が浮いてしまって仰向けに眠れなかったのですが、今では仰向けで寝られるようになりました。姿勢がよくなったと思います。
ふくらはぎがだるく、痛くなって夜に目が覚めることがあったのですが、最近は無くなってきました。
子どもが休みのときに一緒に連れて行っても、いつも子どもに話しかけてくれたりして、ありがとうございます!

膝の痛み

思いあたりませんか?

  • 階段の上り下りで痛みが出る
  • 歩いていると膝の内側(または外側)に痛みが出る
  • 正座もできないし、しゃがめない
  • 膝が変形してO脚だ
  • 同じ医療機関に1年以上通っているが改善がみられない
  • 数か月に1回は膝に注射を打っている
  • 1年に1回は膝に水が溜まり抜いてもらう
  • 歩いているとよくつまづくし転ぶ
  • 膝がまっすぐ伸びない

上記のような症状で「痛みで外出することが減った」「好きな旅行が行けなくなった」「買い物に行くのが苦痛だ」などの悩みを患者さんからよくお聞きします。現在当院へ膝痛で来院されている90%の患者さんが50歳以上の方となっております。

いわゆる変形性膝関節症と診断された方がほとんどです。
変形した膝自体を治すことはできませんが、痛みを改善へと導くことは可能です。検査をさせていただくと、膝の可動性も悪くなっておりますが、それに伴って足首(足関節)、足趾、股関節などの他の関節の可動域(関節の動く範囲)が悪くなっているケースが多く見受けられます。
もちろん痛みが出ている膝にも施術をいたしますが、「他の動きが悪くなっている関節の動きを改善し、少しでも痛みをやわらげる施術をさせていただきます。

決して「年だから」とあきらめずに一緒に今ある痛みと向き合って改善していきましょう。
膝の痛みに対する症例を載せてあります。ご参考にしてみてください。

膝痛 70歳 女性
  • 【症状】
    • 階段の上り下り時に左膝の内側が痛くなる
    • 膝は曲がるけれど正座はきつい
    • 完全に伸ばすとビリッと痛みが走る
  • 【膝痛既往歴】
    • 数年前より左膝が痛くなることが多くひどくなると腫れが出て水がたまりその度に近くの病院で水を抜いてもらっていた。
検査
  • 膝屈曲(曲げる)にて内側に痛みが出現。
  • 左右股関節の可動域テストでは左股関節の動きが悪い。
  • 左右足関節(足首)の可動域テストでは背屈(足首を手前に曲げる)がほぼできない。
  • 右に比べて左の膝蓋骨(お皿)の形がはっきりしない
    (→少し水が溜まっている様子)
施術
  • レインボー療法にて左膝へのアプローチ
  • 左股関節と左足関節の動きが悪いためレインボー療法にてアプローチ
  • 左右肩甲骨と頚部の可動域の改善(→肩こり、頭痛のため)
  • 足趾を使えるようになるとつまづき防止にもなるため足趾と足関節へ矯正(アジャスト)
  • 水腫が溜まっているところへレインボー療法にてアプローチ
経過
  • 1回目では痛みが少し軽減。まだ膝の可動域に変化は出ず。
  • 3回目では痛みはさらに軽減し膝が少し曲がるようになる。水腫も軽減。
  • 5回目にて数秒間の正座可能。左股関節、左足関節の可動域も正常範囲になる。
  • 6回目の時日常生活ではどうか聞くと、階段の上り下りも全く痛みが無くなったわけではないが、スムーズにのぼれるようになったとのこと。
  • 7回目では水腫は完全に引いた状態。

【施術日数】1か月【回数】8回

院長memo

痛かったり痛くなかったりの繰り返しで、ひどく痛くなると水が溜まり、その都度整形外科にて水を抜いてもらう状態の患者さんでした。
多少の膝の変形もあったのですが、施術をしていくと、痛み・関節可動域ともに順調に回復された症例です。
現在は来院されていませんが朝、院前の掃き掃除をしていると、自転車で元気よく通られますし、たまに経過を聞くと「大丈夫です。」と答えられるので順調さが伺えます。
欲をいうと月に1回のメンテナンスを受けられると、再発予防にもなるのでおすすめしたいところです。

膝痛(両膝) 80歳 男性
  • 【症状】
    • 両膝が歩くと痛い。特に右膝の内側でそれにともなって右腰にも痛みが出ている。
    • 痛みが強いので杖をつくようになった。
  • 【膝痛既往歴】
    • 当院へは何度となく膝の施術で来院されていましたが、今回は今までになく痛みが強い状態。
検査
  • 視診にて右膝はO脚、左膝はX脚。体が右側に傾いている状態。
  • 歩行時右膝は内側、左膝は外側に痛みが出現する。
  • 膝自体は曲げられる(正座はできません)が足趾(足の指)、足関節(足首)、股関節の動きがとにかく悪い。
  • 腿(ふくらはぎ)全体にむくみが出ている。
施術
  • レインボー療法にて膝、股関節、足関節の経絡へアプローチ
  • 腰部はJRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸へアプローチ
  • むくみに対しては腎臓経絡へのアプローチ
  • 足趾を使えるようになるとつまづき防止にもなるため足趾と足関節へ矯正(アジャスト)
  • 痛みが弱くなってきてからオーダーメイドインソールを作成
経過
  • 施術をすると、痛みが弱まるがまた数日すると戻ってしまうの繰り返しで、週1回の施術ペースで1か月半、腰部の痛みは大夫薄れてくる。
    左膝の痛みは薄れるも、右膝の痛みは良くなる戻るの繰り返しで、なかなか変化が出ない。
  • 2か月後、杖はつかなくても歩けるほどの痛みに変化。ただし怖いので杖は携帯している状態。
  • 3か月後オーダーメイドインソールを作成。オーダーメイドインソール入れる前の画像撮影。
  • 3週間後再び画像撮影。本人も驚くほど歩行スピード、安定感が出てきた。
  • 痛みは完全に消失したわけではないが現在は1か月に1度のペースでメンテナンスの施術。

【施術日数】4か月【回数】20回

院長memo

以前からも何度か来院されている患者さんでしたが、今回の膝の痛みは相当深刻な状態でした。
多少痛みが引いてきてから聞いたのですが、「杖をつかないと歩けなくなってしまったし、もうこの先は車イスも覚悟したよ。」と話していました。
両膝の変形も強くて、しかも右がO脚で、左がX脚ということでバランスも悪くなり、右に身体が傾いてしまい、右腰も痛くなっていました。
時間はかかりましたが、日常生活には困らない程度に痛みは引きました。
膝の痛い方で多いのですが、膝以外の関節の動きが悪くなっている方が多いです。特に足趾と足首です。
そこはオーダーメイドインソールでカバーすることにより、患者さん自身が驚くほど歩行に安定感がでました。
膝の状態が悪い方にはもちろん、検査をして適性がどうか判断をしますが、本当におすすめです。

膝痛(両膝) 77歳 女性
  • 【症状】
    • 歩いていると両膝の内側に痛みが出現する。
    • 階段を下るときにも痛みが出現する。
  • 【膝痛既往歴】
    • 数数年前に右膝痛で当院への来院歴あり
検査
  • 視診にて変形によるO脚がかなり進んでいる。
  • 立位の状態で膝を曲げようとするとどこかにつかまってないと後ろに倒れてしまう。→膝自体の可動域も無いが足関節の動きも悪くなってしまっている。
  • 膝を屈曲(曲げて)させていくと内側に痛みが出現してくる。
  • 膝を伸展(伸ばす)とまっすぐ伸びきらない。
施術
  • 足趾、足関節、膝関節の矯正(アジャスト)
  • レインボー療法にて膝の経絡へのアプローチ
  • オーダーメイドインソールの作成
経過
  • 1回目の施術にて膝の屈曲の可動域が広がったためか痛みが和らいだ。
  • 1回目の時点でオーダーメイドインソールの必要性をお話し作成の了解をいただき2回目の施術時に作成。
  • 施術をしつつインソールでの歩行をしていただいて経過は良好。

【施術日数】6週間【回数】6回

院長memo

視診では相当変形の進んだO脚の膝だったのですが、思ったより痛みはひどくない方でした。もともとのO脚もあったかもしれません。
そのためか、順調に痛みも消失しました。
膝以外の痛みもそうなんですが早め、早めで施術を受けるのが一番だと、あらためて思った症例です。
以前来院された患者さんで、股関節と膝の、どちらか一方ずつ人工関節が入っている方を施術したことがあります。
その方は体重も重く両膝、股関節も痛いという方で、施術は数回受けられたのですが、症状に変化が出ず途中であきらめられて来院されなくなりました。
ここまで重い症状になってしまうと、なかなか自己回復機能というのは厳しくなります。
痛みが出たら我慢せず、施術を受けられるほうが賢明かと思います。
今回は施術と、オーダーメイドインソールという運動療法が、痛みを取る方向に働いたいい症例となりました。

膝痛(両膝) 67歳 女性 (ビル内掃除 パート勤務)
  • 【症状】
    • ビル内の清掃で階段の上り下りをしていると左右両膝の内側部と前部に痛みが出現する
  • 【膝痛既往歴】
    • 1年ほど前に右膝を痛め当院にて施術歴あり
検査
  • 立位にて膝を曲げていくと完全に曲げきることはできない。
  • 正座までしようとすると痛みが出る。(内側)
  • 右股関節の可動域が狭い(右の膝の方が痛みは強い)
  • 両足首の可動域が狭い。特に自分の方に返す動作がしずらい状態。
施術
  • 足趾、足関節、膝関節の矯正(アジャスト))
  • レインボー療法にて膝の経絡へのアプローチ
  • 股関節の可動域を広げるためJRC(関節可動回復矯正法)にて仙腸関節へアプローチ
経過
  • 1回目の施術にて立位から完全に膝を曲げることはできるようになる。
  • 2回目以降から順調に痛みが軽減し5回目では正座も可能になる
  • 6回目で痛み、可動域共に正常化し治癒となりました。

【施術日数】3週間【回数】6回

院長memo

施術回数を追うごとに、膝の調子が順調に良くなっていきました。やはりこの方もひどくなる前に、という意識の高いかただったために、短い施術期間と回数で済んだのだと思います。
現在は当院の前を、犬の散歩でよくお見掛けします。お声をかけると「調子いいですよ」と言っていただけるので、順調さが伺えます。

膝痛(左膝痛) 81歳 女性
  • 【症状】
    • 洗濯物を干しに2階へ上がったりすると左膝が痛くなる。
  • 【膝痛既往歴】
    • たまに痛くなることはあったが医療機関へ行くほどの痛みはなし。
検査
  • 股関節・足関節の可動域は正常。
  • 正座をしようとすると右膝は正常だが左膝は曲がりにくく痛みが出現。
施術
  • レインボー療法にて膝の経絡へアプローチ
経過
  • 1回目の施術にて正座をすることは可能に。1分ほど正座をしていると痛みが出現。
  • 2回目以降正座のできる時間が順調に伸びる。
  • 6回目にて集中的な施術を終え1か月に1回のメンテナンスとしての施術に切り替える。

【施術日数】3週間【回数】6回

院長memo

ご高齢なのですが、町会の役員や地域の活動をやっていて、忙しくしてらっしゃる方でした。集まりがあると正座をする機会も多かったので「正座ができるようになって良かった」と言っていただきました。
当院も同じ町会なので、会報などをお持ちいただくのですが「順調よ」と言っていただけるので何よりです。

交通事故による左膝の違和感が改善、足に力が入るようになり、むくみも解消しました!
40代 主婦
患者様
【どんな症状で悩んでいましたか?】
交通事故で左足の膝とむくみによる違和感で歩くことがやっとで、小走りすることができませんでした。階段をあがることも苦痛でした。
【他の整骨院、治療院と比べて違いはありましたか?】
以前のところはもみ返しで痛かったのですが、全然痛くなく、とてもいいです。時間もたっぷりかけてもらえ、予約で待つこともなく、忙しくても通院できるところがいいです。
以前は温灸やハリをやってもらったが痛みが取れず、膝に水がたまったような違和感がありました。
骨盤の歪みを治す施術も前の医院は痛かったが、今は痛みがなくリラックスして受けられます。
【施術して症状はどう変化しましたか?】
足の長さが違っていたので自転車も平行に乗れなかったのですが、骨盤治療やストレッチをしてもらい、両足がつくようになり、力が入れられるようになりました!
レインボー治療で足のむくみが取れ、身体の不調が改善しました。

首の痛み

首の痛み、骨盤の歪みが解消しました!
40代 主婦
患者様
【どんな症状で悩んでいましたか?】
・寝違いによる首の痛みで首の痛みから首が回らなくなり、自転車に乗っているときの後方確認が出来ずに危険でした。
・骨盤の歪みによる腰痛、肩の痛み、あごの痛みがひどく、腕の上下や口を開閉するのが大変で、集中力を欠くようになりました。
【他の整骨院、治療院と比べて違いはありましたか?】
骨盤矯正は強い力で体を動かされるのかと思いましたが、とてもソフトで全く痛みもなく、それでいて体が楽になったので助かりました。身体のどの筋肉とどの骨が動くと、この場所が痛むなど、細かい説明をしていただけるのが良かったです。
【施術して症状はどう変化しましたか?】
自転車の後方確認が楽にできるようになりました。普段の生活の中でストレッチの仕方なども教えていただき、参考になりました。
また勧めてくれたお茶も美味しい上に、身体が温まり、ノンカフェインなので、家族で愛飲しています。
長年苦しんでいた頚椎ヘルニアが解消!レインボー治療で肩や腕も軽くなりました!
40代 主婦
喜びの声
【どんな症状で悩んでいましたか?】
頚椎ヘルニアで整形外科に通っていましたが、長時間待ち、診察は1〜2分で1か月分の薬を処方されるだけで「時間の無駄なのでは?」と毎回思っていました。予約とかがなかったので、毎回仕事を早退するなどして通院するのが毎回億劫でした。
【他の整骨院、治療院と比べて違いはありましたか?】
親身になってお話を聞いてくださり、伝えるのが苦手だった私もちゃんと症状が伝わりました。他ではやってないレインボー治療が効いているようで、肩や腕が少しずつ軽くなっているのを実感しています。
【施術して症状はどう変化しましたか?】
薬を飲んでも一時痛みがなくなるだけで、いつまで通院し続けるのか不安でした。おざわ整骨院にお世話になってからは、毎回良くなっているのを実感しています。
また、小さい子どもがおりますので、キッズスペースがありがたく、安心して施術を受けることができます。

肩の痛み

右肩、右腕の痛みが完全に消え、腕が上がるようになりました!
30代 会社員
患者様
【どんな症状で悩んでいましたか?】
・右肩および右首、右腕の痛み(首を水平に横に振ると筋肉が引っ張られビリビリとした痛み)右腕を水平以上に上げることができない。
・腰痛(前屈み、後ろ反らし時の腰骨の痛み、ズキンとする感覚)
【他の整骨院、治療院と比べて違いはありましたか?】
・通院の予約が10分単位で出来るところは魅力。
・症状によって通院のタイミングのアドバイスが適宜あること。
・症状、痛みの確認とその症状の起こる原因についての説明が丁寧。
・夜遅くまで診療しており、仕事帰りでも寄れること。
【施術して症状はどう変化しましたか?】
・初診だけでも大幅に症状が改善する箇所もあり、仕事が楽になった。
・右腕が上がるようになり、痛みが完全になくなった。
・首が回るようになり、かなり改善した。
・腰痛も改善し、激しく動かない限り痛みが出なくなった。

診療時間&アクセス

医院名

おざわ整骨院・整体院

所在地

東京都江戸川区北葛西2-23-20

アクセス 船堀駅から徒歩14分
駅から船堀街道を直進、サンクスを右折してすぐ
電話番号 03-5605-9087 ※当院は予約制です
休診日 日曜・祝日
診療時間
9:30-12:30
15:30-20:00

※土曜午後は18:00まで

Copyright © 2015 Ozawa Bone Setting All rights reserved.